男性

糖尿病はサプリで治せる|飲むだけでオッケー

善玉菌は身体に良い

お腹

様々な良い効果がある

乳酸菌は腸内細菌の一種で、善玉菌と悪玉菌が存在しています。身体に積極的に摂取していくことが良いのは善玉菌の乳酸菌のことで、体内に入ってくる栄養や食べ物の消化や吸収を助ける働きがあります。乳酸菌を十分に摂取しておけば、毎日の食事が同じような種類のものであっても、消化の能力が高まることでお通じが良くなります。お通じは栄養を吸収してから残った老廃物を便として排出する行為ですので、乳酸菌の力によって栄養の吸収を早く行えるようになると、それによってお通じが良くなることにつながります。善玉の腸内細菌の場合には、老化や免疫力に関係している活性酸素の働きを抑制させる作用があります。そのために乳酸菌を摂取することで、アンチエイジング効果も期待できます。

サプリなら生きたまま届く

通常の食事の中で乳酸菌を摂取する以外の方法では、サプリメントや飲料として乳酸菌が含まれている製品が販売されています。乳酸菌がたくさん入っている食品というと飲料やヨーグルトなどを思い浮かべるかもしれませんが、これらの製品には糖分や脂質が含まれているものも多いです。飲料やヨーグルト製品はおいしく摂取することができますが、サプリメントであれば余計な成分が含まれておらず、濃縮した乳酸菌を摂取できるメリットがあります。最近のサプリの種類の中には、生きたまま腸内まで善玉菌を届けられるように工夫している商品があります。胃酸や熱、乾燥などに強い耐酸性カプセルを使うことで、胆汁や胃酸から乳酸菌を守ることができます。